◎ある日のソロキャン

野球人で販売中のキャンプグッズを実際のキャンプで使いながら商品を説明できたらと思い「ある日のソロキャン」で奮闘しながら少しでもキャンプの楽しさをお届けできたらと思っております。僕が愛用しているキャンプグッズの詳しい商品説明は#000番号のキャンプグッズNO.1~NO.4からご覧ください。おすすめキャンプ場も紹介します。

◆芦田湖オートキャンプ場

おすすめキャンプ場#01

芦田湖オートキャンプ場 (select-type.com)


ある日のソロキャン その2

日時:令和4年8月8日(日)~9日(月)

天気:晴れのち曇り夜中雨

外気温:最高35.9℃ 最低24.1℃

滞在時間:15時~翌9時20分

キャンプ地:芦田湖オートキャンプ場(広島県世羅町)標準サイト24

キャンプ飯:手羽先焼き、蒸しシュウマイ、玉ねぎの丸ごとホイール焼き、ウィンナー焼き、焼きとうもろこし、焼き芋、サバ缶入り炊き込みご飯、味噌汁、

ドリンク:黒ラベル(サッポロ)、スタイルバランス(アサヒ)、麦茶、アミノバイタル

コーヒー:UCC職人の珈琲

 

今回の芦田湖オートキャンプ場は前回の標準サイト18から24にしてみました。タープとしてロゴスのソーラーブロックトップシート(#090)とテントとしてロゴスのソーラーブロック(#146)ポップフルシェルターを使ったのはさすがに暑いのでソーラーブロックのパワーを借りようと思いました。シェルターは5秒で組み立て完了するのでこの時期の基地の所要時間を大幅に短縮出来ます。

今回は薪を来る道中で拾い、市販の薪は購入せず焚火を楽しもうと思います。

※拾い集めた薪は道中の道路わきに落ちていた薪を見つけては車から降りて拾い集めたり公園の道で拾ったりしたので私有地には入っておりません。

 

 

 

今回もいつもと同じグッズでいつものように設置しました。

 

 

焚火はこんな感じでいつも通りのスタイルですが、基地の構成上正面ではなく前方右側に斜めに設置しております。

焚火に欠かせないロゴスの火吹き棒(#143)スターのファイヤーアンカー(#031)にかけております。

 

この時期は脱水にならないように、水分補給を欠かせずに・・・

ビールは水分補給にならないので、水、麦茶、アミノバイタルでバッチリです。

 

時刻は17時です。

画面左は大好きな焼き芋を焼いてます。焼きトウモロコシは少し醬油をつけて回しながら焼いていきます。ロゴスのメスキット(#107)の中身は、鯖缶の炊き込みご飯です。1合の米にサバ缶を1缶丸ごと入れ、だし醤油を少々入れて、いつものように炊くだけで、美味しい臭いがしてきます。

 

 

焼きシイタケはほりにしでスパイスをかけて、ウィンナー、アルミでくるんで玉ねぎを丸ごと皮ごと焼いています。

 

 

 

 

 

 

キャプテンスタッグの小型ガスバーナーコンロクッカーセット(#044)で蒸しシュウマイを作ります。クッカーの中に網を入れ水を入れて火にかけるだけです。セットのクッカーがガスコンロの入れ物になりますので、焚火で使わず、ガスオンリーで使う唯一のクッカーです。ススが付くのはケース兼用としてはノーサンキュー。

 

 

手羽先を塩コショウで焼き、丸ごと玉ねぎも出来上がりました。玉ねぎは甘くて美味しかったですよ。簡単おすすめキャンプ飯です。

 

炭火で焼けた食材をはみ出せた網の上に移動させ焦げないように保温するために大きめの網をこのようにいつも使っています。網は100均で購入したものを使っています。網は10回以上はBBQ出来ますよ。

 

 

鯖缶の炊き込みご飯も炊きあがりました。

 

キャンプ飯は手軽で簡単がベストで、美味しい。

僕は手の込んだ料理は出来ませんので・・・

食材も今回は、そんなにかかっておりません。

 

 

 

 

 

明日の朝、チャーハンにするので、ラップで包んで、保冷バッグに入れておきます。

残りはそのまま食べました。

 

 

19時30分。

お腹もいっぱいになりだいぶん暗くなってきたので、拾い集めた薪を使い、焚火タイムです。

この時間が、忙しいキャンプの中では、ゆっくり出来る時間です。

この日は23時までたっぷり楽しむ事が出来ました。

 

いつものキャプテンスタッグのオイルランタン大(#121)フィアハンドのオイルランタン(#147)キャプテンスタッグのデコレーションライト(#124)が焚火タイムを演出してくれます。

 

そろそろ寝ようと思います。

おやすみなさい。

また、明日。

 

 

おはようございます。

夜中の雨も上がり朝日が差し込んでくると気温がぐんぐん上がっていきます。

朝飯を作りながら少しずつ細かいグッズをかたずけていきます。

 

 

スキレットで昨晩作った鯖缶の炊き込みご飯を炒めほりにしで味を加えてチャーハンを作りました。

 

 

 

キャプテンスタッグのリンカーン兵式飯盒(#008)で焚火でお湯を沸かします。

この薪で拾い集めた薪最後です。

けっこうありましたので、追加で薪を買わなくて済みました。

もちろん管理棟でも薪600円で売ってます。

 ロゴスのアイアン耐火テーブル(#033)の上が蚊取り線香やら、虫よけスプレーやらハッカやらで、ごちゃごちゃしていますが、蚊に刺されるよりましです。

お湯をインスタント味噌汁、コーヒーに注ぎ朝食の完成です。

鯖缶の炊き込みご飯のチャーハンは美味しかったです。ゴミ箱をいつもテーブルの下に置いているので写真写りがよくないですね。朝は意外と慌ただしいので・・簡便

 

撤収が済んだら、木陰にロゴスのファミリースムーズリクライナー(#134)でひと休みして、家路に向かいます。

 

9時20分。

 

今回は芦田湖オートキャンプの標準サイト24をキャンプ地としました。夏休みなのでファミキャンが多かったです。この時期土日だったらいっぱいですね。デラックスサイトの方がプライベートを保てますが、料金も上がります。ソロだと・・・

極上湖畔サイトもあります。


ある日のソロキャン その1

日時:令和4年7月24日(日)~25日(月)

天気:曇り時々雨

外気温:最高33.9℃ 最低21.5℃

滞在時間:15時~翌9時10分

キャンプ地:芦田湖オートキャンプ場(広島県世羅町)標準サイト18

キャンプ飯:炭火焼き鳥、焼き肉、焼き芋、チーズハンバーグホットサンド、味噌汁、ゆで卵、サラダ

ドリンク:黒ラベル(サッポロ)、オールフリー(サントリー)

コーヒー:UCC職人の珈琲

呉から1時間30分で世羅町の芦田湖オートキャンプにやって来ました。

15時にチェックインして、車からせっせとグッズを下ろし、約1時間弱基地の設営にかけ、大汗をかきながら頑張りました。設営後の最初の乾杯はもちろん大好きな黒ラベルで一休み。「キャンプに乾杯」タープはロゴスのソーラーヘキサタープ(#140)で熱気をカットしてくれます。

 

 

 

 

イスはいつも使っているロゴスのアルマールチェア(#027)ロゴスのファミリースムーズリクライナー(#134)を設置しました。

 

焚火台はロゴスのピラミッドXL(#095)、焚火台シートはロゴスの耐火シート(#132)、その横にスターのファイヤーアンカー(#031)ロゴスの薪ラック耐熱テーブル(#084)、焚火台前にロゴスのラダーチェア(#062)を置きゆっくり焚火を楽しみます。

テントはカナディアンイーストのツーリングドームテント(#018)、クーラーはロゴスのデザインクーラーバック37(#009)に食材を入れ、ロゴスのデザインクーラーバック15(#133)にドリンクを入れてます。もちろんクーラーにはロゴスの氷点下ー16℃(#007)を入れてます。幕内はロゴスの防水シート(#025)を下にして、ロゴスのZマット(#022)キャプテンスタッグのZマット(#045)、寝袋はキャプテンスタッグのアクティブシュラフ(#070)、ライトはロゴスのダウンライトミディ(#065)、幕内外にロゴスのくるりんランタン(#002)を使用しました。

 

どんどんビールも空いていきます。

まずは、炭火で焼き鳥。宴のはじまりです。アルミに巻いて焼き芋も焚き火で焼いてます。

 

ロゴスのハードマイテーブルワイド(#142)の上に 焼肉のたれは戸村のたれで、ロゴスのシュラカップ(#105)に入れて、蚊対策に蚊取り線香や虫よけスプレーなどを駆使して、万全な体制をとります。

米を1合ロゴスのメスキット(#107)で焚火で炊いて、うまく炊けました。焼肉をレタスで巻いて食べました。炭火焼肉は最高です。

ロゴスのA型ツールラック(#139)キャプテンスタッグのシュラカップケース(#145)に予備のシュラカップを5個入れてまな板などと一緒に吊り下げてます。

テーブル周りがスッキリするのでツールラックはおすすめです。

トイレも清潔に保たれています。管理棟に2名常駐されていて、掃除をしたり草刈りをしたりしてくれてるおかげで快適なキャンプが出来ます。もちろんシャワーも完備しています。キャンプ場敷地内は、オールフラットで小さなお子様も安心。

 

 

19時を過ぎると着いた時より、大分気温が下がり過ごしやすくなってきましたが、時々小雨が降りました。

焚火タイムです。

タープの前方にキャプテンスタッグのデコレーションライト(#124)を付けて、宴を盛り上げます。

 

 

 

21時を過ぎると街灯も消え、辺りが真っ暗になり、キャプテンスタッグのオイルランタン(#121)の炎灯りがムード満点となり、キャンプ場の様子も一転します。

 

 

ぼちぼち眠たくなってきたので、幕内に入って就寝です。

おやすみなさい。

また、明日。

おはようございます。

5時起床。

キャンプ場内を散歩しました。

標準サイト18番が今回のキャンプ地です。

他にも同年代のソロキャンパーも楽しんでおられました。尾道からお越しの同年代のご夫婦も愛犬をつれて楽しんでおられました。

 

 

 

芦田湖が見えます。

早朝の神秘的な湖です。

近くに吊り橋があります。

朝のコーヒーの時間です。

焚火でキャプテンスタッグのリンカーン兵式飯盒(#008)で湯を沸かして、コーヒーとインスタント味噌汁にお湯を注ぎます。

 

 

 

朝食にチーズハンバーグホットサンドを作ります。

キャプテンスタッグの小型ガスバーナーコンロクッカーセット(#044)キャプテンスタッグのホットサンドトースター(#042)をのせ、焼いていきます。ゆで卵もうまく出来ました。

 

9時10分、撤収完了。

 

撤収前から雨が降り、びしょぬれになりながらの撤収は、良い経験となりました。

 

写真奥にある炊事棟は、お湯が出ます。素晴らしい。

 

10時チェックアウトですが少し早めに家路に・・

 

また、季節を変えて来てみたいと思いました。